道内で初めて上ノ国町にできた「ラウンドアバウト」と旭川市や釧路市などにある「ロータリー」の交差点、どちらも同じく丸いので違いがよく分からない方も多いと思いますが、車両等の優先権に大きな違いがあります。

次の表で、違いを比べてみます。

通行方法 優先権の違い 道路交通法の規定
ラウンドアバウト(環状交差点)

【環状内が優先】

交差点の中を走っている車(青)に優先権があるので、交差点に入ろうとする車(赤)は止まらなければなりません。 第37条の2

環状交差点においては、第36条第1項(略)の規定にかかわらず、当該環状交差点内を通行する車両等の進行妨害をしてはならない

ロータリー
(円形交差点)標識の規定なし
【左方が優先】 先に交差点内を走っている車(青)は、交差点に入ろうとする車(赤)がある場合、赤の車が左側なので優先権があることから青の車は止まらなければなりません。

ただし、信号機や一時停止標識などがある場合はそれに従います。

円形交差点に特化した規定は無いので、第36条第1項第1号の「車両である場合、その通行している道路と交差する道路を左方から進行してくる車両及び交差道路を通行する路面電車の進行妨害をしてはならない」が適用される。

理解できたでしょうか。

ちなみに、ラウンドアバウトの交差点は道路標識を設置するほかに、都道府県公安委員会の指定が必要だということです。

ラウンドアバウトには信号機はありませんが、ロータリーには信号機があることがほとんどだと思います。なので、停電時にも混乱なく通行可能なラウンドアバウトは、今後も増加していくことでしょう。

上の図は下記のホームページからいただきました。ありがとうございます。

日刊ニュージーランドライフ ロータリーとラウンドアバウトの違い