令和に修正した記事を載せました ←ここをクリック

元号が改正されたら、どのみち、エクセルの表示形式のユーザー定義が必要になります。

2019年5月1日から新元号になります。現在、どうしても元号を使う必要があるのは官公庁に提出する文書がほとんどだと思いますが、その場合、新元号”1年”と表記することは好ましくなく、新元号“元年”としなければなりません。でもエクセルの日付表示は標準で”元年”とは表示しません。なので、”元年”と表示する方法を調べてみました。

対応方法は二つあります。
1. エクセルがアップデートで新元号表記に対応されるまでの間の年内限りの暫定対応
2. エクセルがアップデートされた後の対応

エクセルがアップデートで新元号表記に対応されるまでの間の、年内限りの暫定対応

マイクロソフトは4月1日に新元号が発表されたら速やかにアップデートを公開する様ですが、アップデートが適用されるまでは暫定対応を次のように行います。対応の考え方は、適用したい日付のセルに条件付き書式を設定して、2019年5月1日から2019年12月31日までは、元号と年の表示を“新元号元年”と表示させることです。
その方法を下記に紹介します。

①設定したい日付が入ったセルを選択
②ホームタブから「条件付き書式」を選択
③「新しいルール」を選択
④「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択
⑤開始期間として「平成31年5月1日」または「2019/5/1」と記入する
⑥終了期間として「平成31年12月31日」または「2019/12/31」と記入する
⑦「書式」をクリック
⑧セルの書式設定は、「ユーザー定義」を選ぶ
⑨「種類」欄に「”新元号元年”m”月”d”日”」と記入する ※新元号が発表されたら、「新元号」の部分はその名称にしてください。
⑩正しく記入された事を確認したら「OK」をクリック
⑪プレビューで「新元号元年」と表示されることを確認する
⑫確認できたら「OK」をクリックする
⑬「平成31年5月1日」の表示が「新元号元年5月1日」に表示が変わりました。

※ただしこの設定は、平成32年になっても“新元号元年”と表示されますので、エクセルがアップデートされたら、必ず二つ目の方法に設定変更してください。

エクセルがアップデートされた後の対応

今度はマイクロソフトが新しい元号に対応し、エクセルにアップデートを適用した場合について、”1年”を”元年“と表示する設定を、平成の場合を例として紹介します。

①設定したい日付が入ったセルを選択
②ホームタブから「条件付き書式」を選択
③「新しいルール」を選択
④「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択
⑤開始期間として「平成1年1月8日」または「1989/1/8」と記入する
⑥終了期間として「平成1年12月31日」または「1989/12/31」と記入する
※ 今度の新元号の場合はそれぞれ「2019/5/1」と「2019/12/31」としてください。
⑦「書式」をクリック
⑧セルの書式設定は、「ユーザー定義」を選ぶ
⑨「種類」欄に「ggg”元年”m”月”d”日”」と記入する
⑩正しく記入された事を確認したら「OK」をクリック
⑪プレビューで「平成元年」と表示されることを確認する
⑫確認できたら「OK」をクリックする
⑬「平成1年6月1日」の表示が「平成元年6月1日」に表示が変わりました。新元号に設定する場合は“平成”が”新元号”で表示されることになります。

※ちなみに、昭和元年は1926年12月25日から12月31日まで、平成元年は1989年1月8日から12月31日までです。

この書き込みと同内容のPDFファイル:エクセルで元号の1年を元年と表示する方法

参考エクセルファイル