電池の処分方法「燃えないゴミ」でないものもある!

上ノ国町では、これまで「小型家電リサイクル回収」で受け入れていた電池が、燃えないゴミとして処分するように変わりました。

調べてみると電池にも色々な種類があり、すべての電池を単純に燃えないゴミとして処分してはいけないようです。

電池の正しい捨て方

電池の種類によって、捨て方が違います。

種類 乾電池 リチウム乾電池 ボタン電池 小型充電池
説明 アルカリ乾電池
マンガン乾電池
CR、BRから始まる型番 LR、SR、PRから始まる型番 リサイクルマークが付いている
処分方法 各自治体の指示による 各自治体の指示による ボタン電池回収缶に処分する 充電池式電池リサイクルBOXに処分する

檜山管内、函館市内適用のポスターを作成しました

電池の処分方法ポスター_(株)若狭組.pdf

上ノ国町の場合、一般的な乾電池とリチウム乾電池について「燃えないゴミ」として処分することになります。

※上記以外の車用バッテリーや無停電電源装置などは、リサイクル業者やメーカーに引き取ってもらいましょう。