例年は6月に入ってから見ごろとなっていたフジが、今年はすでに見ごろを迎えています。

ところで、フジ(藤、学名: Wisteria floribunda、別名: ノダフジ)は、マメ科フジ属のつる性落葉木本で日本の固有種、原産・分布は本州、四国、九州となっています。

分布には北海道が含まれていませんが、町内の花沢公園でも見られますし、函館の五稜郭公園にもきれいな藤棚があります。さらに、町内の国道228号沿いには野生の(だとおもわれる)フジの大木を見ることができます。

これからは分布を「北海道の一部」と付け加えてほしいですね・・・。