当て逃げ目撃!

先日、ある施設の駐車場で当て逃げを目撃しました。大きな音が聞こえたので見ると、後ろを確認しないでバックし駐車していた車にぶつけたようです。

ぶつけた人は、自分の車のぶつけた個所を確認したあと、相手の車をよく見ることもしないで、車に乗って駐車場から出ていきました。

当て逃げ犯、見つかる!

私はその一部始終を、自分の車の中で見ていました。スマホで写真も撮りました。写真を確認すると、当て逃げ犯の顔や車のナンバーも写っていました。

すぐに施設の窓口へ行き、ぶつけられた車の持ち主を探してもらうと間もなく見つかり、そして、被害者が呼んだ警察官に、その時の状況を分かる範囲で説明しました。

後ほどまた駐車場へ戻ると、被害者と警察官の他に先ほどの当て逃げ犯がいました。当て逃げ犯はすぐに見つかったようです。

天網恢恢疎にして漏らさず!

私が学生時代の国語の教授、よく授業中にことわざを紹介していたのですが今でも記憶にあるのがこの言葉。

天網恢恢疎にして漏らさず(てんもうかいかい そにしてもらさず)意味は「天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。」

実は私も・・・

スーパーの駐車場で、隣の車にドアをぶつけたことがあります。とても風の強い日でした。風を恨みました。

私の場合、少しするとすぐに相手がやってきて正直に説明し、修理代金を負担しました。なので、今も正々堂々とした気持ちでいることができます。

逃げたくなる気持ちは分かります。誰も見ていないだろうと思うかもしれません。でも、逃げてはいけませんよね。

 

 

画像は「交通事故示談交渉の森」から転載させていただきました。ありがとうございます。https://kou2-jiko.com/