「パソコンメーカーに嫌われる商品」・・・?

「パソコンメーカーに嫌われる商品ーこれがあればわずか10秒でパソコンが新品のように動き始める」

こんな広告が、インターネット上で資料を探していたら見つかりました。

「この商品が売れ続けるなら、売り上げは数億円減ります。来年には店を閉めないといけなくなるかもしれません。」

と、パソコンショップがコメントしたそうです。

でも、そうはならないと思いますし、私なら絶対購入しません。理由は以下に。

「Linux系のubuntu」がインストールされた32GBのUSBメモリです。

パソコンを使っている人なら「Windows」や「Mac」は知っているでしょう。それでは「Linux」または「ubuntu」という言葉は知っているでしょうか?

現在、パソコンを動かす基本ソフト(OS、Operating System 操作・運用・運転を司るシステムソフトウェア)はほとんどが WindowsやmacOS です。Linux(※)は、スーパーコンピュータ・メインフレーム・サーバ・パーソナルコンピュータ・組み込みシステム(携帯電話やテレビなど)など、幅広い種類のハードウェアで使用されているOSです。

今回の商品の Xtra-PC は、パソコンではなく、WindowsやmacOSとは違う「Linux系のubuntu」というOSがインストールされた 32GBのUSBメモリです。

なので、パソコンが速くなるものではありません。古いパソコンが新しいパソコンのように快適になるものではありません。

USBメモリから起動することや、OSの違いから動作が多少軽快に感じられる程度です。

パソコンの知識が乏しい人は止めといた方が良いと思う

Xtra-PC を使い始めるには「起動ドライブをUSBに設定できる知識」が絶対必要です。

Linux というOSは以前からあって、パソコンに詳しい人がおそらく一度は興味を持つOSです。でもWindowsやMacと違い、周辺機器のドライバも多いわけじゃないのでそれなりに知識が必要になります。

なので、パソコンの知識が乏しい人向けの商品ではありません。周りに詳しい人がいない場合は無駄になる可能性が大きいです。

Amazonの評価でも星一つが34%もあります。

Linuxを体験するなら

この商品、Amazonで5,800円で販売されています。Linux を使ってみたいという人で手っ取り早く(インストール作業を省いて)始めたい人だったら、買っても良いかもしれません。でも、Linux はインターネットから無償でダウンロードできるのです。USBメモリも楽天市場で32GBが500円ほどで売られています。

Linuxを体験してみたいと考える人ならそれなりに知識もあるでしょうから、Linux(いろいろ種類がありますが、そのうちのubuntuがおすすめ)をダウンロードして、サブのパソコンなどにインストールするところから始めることをお勧めします。

Linuxは多くの種類(ディストリビューションと言います)があるので気にいったものを見つけて(または作って)ください。世界が広がると思います。

Ubuntu Japanese Teamのリンク https://www.ubuntulinux.jp/home

おまけ情報

上ノ国町役場の設計図書閲覧用パソコンは Linux の一種「ubuntu」を使っています。古いパソコンなのですが Windows よりも軽快な動きで Linux の良さが感じられます。

参考:Xtra-PCとは? https://pc119.toyama.jp/work/xtra-pc%E3%81%A8%E3%81%AF%EF%BC%9F/

※ここでのLinuxの定義は広義の使われ方を指します。