高齢者の一人暮らしは心配

同じ町内ですが、高齢の母親が一人暮らしをしています。近ごろは足腰が弱くなって、あまり外出することもなくなってきたようです。

そんな時にインターネットの広告で高齢者見守りサービスを見つけました。これは、家の中のトイレなど必ず通る場所にセンサーを設置し、一定の時間動きが確認できない場合は異常と判断してセコムが駆けつけてくれるサービスです。

家の中で常に首からかけておくだけで、急病やケガの際にボタンを押すだけですぐに救急信号を送ることができる、ペンダント式の救急通報ボタンも付属します。

さらに、玄関扉のセキュリティセンサーや火災警報時に119番通報するサービスも付属しています。

料金は、5年契約の保証金とホームセキュリティ機器取付料を合わせて最初に68,400円、月額料金は5,170円です。もう少し安ければと思いますが、高齢者の一人暮らしは心配なので思い切って契約することにしました。

 

いつか、私も首からペンダント式救急通報ボタンをぶら下げているのでしょうね。

クリックするとセコム・ホームセキュリティホームページが開きます