フェイスシールドは唾液や痰が飛ぶのを防ぐための物ではない

「フェイスシールドは、相手の方からの咳、くしゃみの飛沫が本人の目に入るのを防ぐために使用するもので、自分の唾液や痰が相手に飛ぶのを防ぐための物ではありません。」これは、大阪府医師会学校医部会の言葉です。

さらに続けて「医療現場では、フェイスシールドは感染者と直接接するリスクの高い場所で、あくまで医療用マスクや防護服、手袋などと併用されているものです。」、「マスク装着の理由は飛沫を飛ばさない事」と述べています。

マスクで周りに飛沫を飛ばさない対策をし、フェイスシールドで周りから自分(の目)を防御する、ということですね。

テレビを見ていると、フェイスシールドやマウスシールド、アクリル板で対策をしている様子が見られます。

フェイスシールドとアクリル板は、相手の飛沫が本人の目に入るのを防ぐ効果は大いにあるでしょう。では、あの口元だけ覆うようなマウスシールドは、どれだけの効果があるのでしょうか。何もしない訳にいかないから、対策している振り?

 

このようなマウスシールドもありました。「近大マスク」と言います。これも目を守ることはできないようですね。