今、社会現象になるほど人気の「鬼滅の刃」。

現在公開中の「劇場版 鬼滅の刃 無限列車編」を見た気象解説者、気象予報士の森田正光さんが、「無限列車編の闘いの日は大正5年11月19日の未明」とする考察をYahoo!ニュースに寄稿し話題となっているそうです。

映画の最初に少しだけ登場する月の形が「月齢23」であることや人々の服装から推定したそうです。また、月齢が23であることの意味も考察されていて、とても面白く読みました。

「月の形」は、一般の人だとあまり気にしないと思いますが、そこからこれだけのことを推定できるなんて、とてもすごいことです。

それと、原作者やアニメ製作サイドの背景描写も素晴らしい証しですね。

Yahoo!ニュース記事のリンク:https://news.yahoo.co.jp/byline/moritamasamitsu/20201118-00208206/

月齢23の月の形(森田正光さんのツイッターより転載)