先日、日本のタバコ関係の税収額は年間約2兆円という記事を載せました。

ところで、現在世界一の大金持ちは Amazon の CEO であるジェフ・ベゾス氏で、2018年に初めて世界長者番付でビル・ゲイツ氏を抜き、資産が2000億ドル(約20兆円)を超えた人物です。

ジェフ・ベゾス氏は29歳の時にオンライン書店の Amazon を創業しました。そして購入した人が商品を評価できるシステムとしましたが、当時「そんなことをしたら本が売れない」などと言われたそうです。

何かを成し遂げた人には名言が多くあります。

「批判されたくないなら何も新しいことをしなければいいだけだ。」

Amazon は途中、財政危機もありましたが銀行から融資を受けたり従業員の解雇などを行って財政的な安定を取り戻しました。現在は世界的なインターネット通販会社であることは誰もが知るところです。

ジェフ・ベゾス氏は Amazon の経営者としてだけでなく投資家もしていて、2019年9月から2020年9月までの12カ月間に資産を700億ドル(約7兆4000万円)増加させたようですので、現在の資産額はいくらになるのか見当もつきません。

20兆円の資産額だとしても

1日1億円、1年で365億円を使ったとしても500年では使い切れない額です...。

もちろんジェフ・ベゾス氏はこんな使い方はしません、大学などへの寄付や慈善活動を行っていますけど。