令和2年7月7日、北海道知事から「全道交通死亡事故多発警報」が発表されました。

警報期間は7月7日(火)から7月12日(日)までです

これは、道内で交通死亡事故が、7月5日~6日の2日間で4件発生し、6人が亡くなったことによるものです。

交通事故は人ごとではありません

  • 制限速度の遵守を!
  • 一時停止場所は必ず停止し安全確認を!
  • 交差点では安全確認の徹底を!

シートベルトを着用していれば助かったのに・・・

道内の5月末までの交通事故死者数は44人です。この内、四輪乗車中の死者は23人でシートベルト非着用者は13人でした。このうち10人はシートベルトを着用していれば助かった可能性が高いそうです。

個人的には、今どきシートベルトをしないでクルマに乗るなんて、無謀というか、自殺行為に等しいと思うのです。4輪のレースカーはロールケージ(車内にめぐらしたパイプ)で車内の空間を確保し、シートベルトが命を守ります。

Youtubeでクラッシュ映像を見てください。

シートベルトをしているから、レースに挑めます。

夏の交通安全運動が始まります

運動期間は7月13日(月)~7月22日(水)まで、運動の重点は次の4つです。

  • 飲酒運転の根絶
  • 子供と高齢者の交通事故防止
  • スピードダウンと全席シートベルト着用
  • バイクの交通事故防止

当社では7月10日(金)の朝に街頭啓発運動として国道沿いで、交通安全を呼びかける「旗の波」行動を行います。

交通事故ゼロを目指しましょう!