ドローン、UAV、無人航空機、小型無人機、模型航空機、トイドローン

最近よく聞く言葉で、当社でも個人的に所有している人がいます。

あらためて、ドローンの定義と飛行できない場所などについて簡単にまとめてみました。

種類 簡単な定義 説明
ドローン 上向きについた4つ以上のプロペラが回転して飛ぶモノ、「UAV、無人航空機、小型無人機、模型航空機、トイドローン」などの総称、マルチコプターと言うこともある
  • このページのすべての機種は、航空法のうち「第99条の2(飛行に影響を及ぼすおそれのある行為)」の規制対象です。注意してください。
UAV 「unmanned aerial vehicle」の略、日本語に訳すと「無人航空機」、国土地理院はこの言葉を使用している
  • 公共測量では「UAV」の名称を使用している
  • 航空法の無人航空機に該当する
  • 小型無人機等飛行禁止法の対象となる
無人航空機 航空法が規定する「航空の用に供することができるものであって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの」のこと

(機体本体とバッテリーの重量の合計が200g以上のもの)

  • 航空法の無人航空機に該当する
  • 小型無人機等飛行禁止法の対象となる
  • 空港等周辺や地表・水面から150m以上の空域、人口集中地区の上空飛行は国土交通省の許可が必要
  • 飛行方法は「日中のみ、見える範囲内、人・物と30m以上離す、催事上空禁止、危険物運搬禁止、モノ投下禁止」飛行させる場合は承認が必要
  • 許可や承認の申請には資格や一定程度の経験が必要
  • 許可・承認による飛行は計画の登録が必要
小型無人機 小型無人機等飛行禁止法が規定する「重量200g未満も含む、すべてのUAV・無人航空機・ドローンなど飛行物体」のこと

マスコミはドローンを「小型無人機」と呼んでいるが、規制対象となる飛行範囲は法律により別である

  • 航空法の無人航空機が含まれる
  • 小型無人機等飛行禁止法の対象となる
  • 重要施設及びその周囲おおむね300mの周辺地域の上空における飛行が禁止されている。(例:国の重要な施設、防衛施設、原子力事業所その他)
  • 禁止区域で飛行の同意を得た場合は警察等に通報が必要
模型航空機

トイドローン

航空法が規定する無人航空機のうち「機体本体とバッテリーの重量の合計が200g未満のもの」
  • 航空法のうち「第99条の2」の規制対象となる
  • 小型無人機等飛行禁止法の対象となる
  • 空港周辺の制限表面上は飛行できない
  • 航空路内は150m以上の高さは飛行できない
  • 地表又は水面から250m以上の高さの空域は飛行できない
  • 飛行させるためには、国土交通大臣の許可が必要
  • 許可による飛行計画の登録は不要らしい(2019年11月時点での情報)

上記以外にも多くの公園などが飛行禁止となっているところがあるようです。(模型飛行機も含むのかは不明)

  • 函館市内の全部の公園が飛行禁止となっているようですが、HPで情報を見つけられませんでした
  • 大沼公園も同じく飛行禁止となっているようですが、HPで情報を見つけられませんでした
  • 上ノ国町内の夷王山キャンプ場周辺は規制なし、風車などの雄大な景色を撮影できます。ただし風が強い日も多い。

許可や承認の申請には国土交通省が認定する「無人航空機の講習団体」の資格や技能講習が役立ちます。

Mavic Mini など重量200g未満のドローンは「航空法の適用は受けない」なんて乱暴に書いてあるホームページも多くあります。

※正しくは、「航空法の無人航空機の対象から除外される」です。

なので、模型航空機を飛行させる場合でも関係法令を熟知した上で、周囲に十分注意して飛行させましょう。