昨年の9月に始まった上ノ国町の子ども支援センター建設工事は、いよいよ建物の輪郭が見えてきました。

青い屋根が建設中の子ども支援センターです

この施設は「敷地面積:7,317.14㎡、建築面積:1,723.32㎡、延床面積:1,660.21㎡ RC平屋建て」で、これまでそれぞれ分散していた保育所、学童保育、発達支援センターの三つの施設をひとつの建物内に集約する計画となっています。

写真の右上に見える赤茶色の屋根が現在の保育所建物なので、集約の結果、建築面積が大きくなっているのがよく分かります。

建設工事は今年の11月30日までの工期なので、施設は令和3年度から供用開始されるものと考えられます。

当社は建設工事を担う共同企業体の構成員となっているので、最後まで安全第一で施工を進めます。