今、建設業では遠隔臨場が求められている

コロナ禍の現在、zoomなどで一般的になってきたリモート会議、当社でもセミナーや研修などで利用する機会が増えてきました。

さらに建設業界では、監督員が工事現場から離れた役所から現場をオンラインで確認する遠隔臨場が一部で始まっていて、道南地域でも、函館開発建設部や函館建設管理部による機材の貸し出しや操作説明会が開催されたり、試行も始まっています。

このような状況から当社でも、今後の導入に向けて遠隔臨場を体験してみました。

本社内会議室と現場事務所を接続

ヘッドセットの見え具合を確認

ウェアラブル端末2基、パソコン2基を接続

今回体験した機材は、カメラとマイクが一体となった機器(ウェアラブル端末)をヘルメットに装着すると両手が自由になり、機器の操作も簡単でとても便利であることが分かりました。

ただしウェアラブル端末の価格が30万円以上することもあり、導入台数や時期それと他社機材との比較を含め、もう少し検討が必要であると感じました。